よくある質問

ドコモ光のv6プラスとは?対応プロバイダと必要なもの

投稿日:

v6プラス対応はどこ?

 

ドコモ光のインターネット通信速度に不満を持っていますか?

速度が遅いと動画が途中で止まったりサイトがなかなか表示されませんし、ダウンロードに時間がかかります。

そのため速度を速くしたいって思いますよね?

ドコモマニア
ドコモ光で通信速度が速くなるサービスの代表と言えばv6プラスです。

 

ドコモ光では通信速度が速くなるサービスv6プラスがあります。

これは対応しているプロバイダ出ないと利用することができません。

この記事ではドコモ光のv6プラスのサービスについてと、対応しているプロバイダについて解説します。

 

v6プラスはIPoE IPv4 over IPv6通信のこと

速度が速くなる方法

 

ドコモ光の通信速度が速くなるサービスv6プラスは日本ネットエアークネイブラー株式会社(JPNE)をVNE事業者とするIPoE IPv4 over IPv6通信のことです。

IPv4は従来のインターネット通信の接続方式のことで、このIPv4通信のみを利用しているから速度が遅くなります

IPv4の後続とのなる次世代インターネットプロトコルがIPv6のことで、これの利用により速度が速くなります。

 

IPv6インターネット接続方式には「PPPoE」接続と「IPoE」接続、そして「IPoE IPv4 over IPv6」の三つです。

ドコモ光のプロバイダによって利用している通信に違いがあります

ドコモマニア
この3つの接続方式について解説しますね。

 

PPPoE IPv6通信

画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/ipv6/

 

インターネット接続に必要な情報(認証ID・パスワード)を用いてIPv6インターネット接続を行う接続方式です。

これは従来の接続方式であるIPv4と同じです。

3つの中で一番混雑しやすくなり速度が遅くなる事が多いです

 

IPoE IPv6通信

画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/ipv6/

 

IPoE方式は新方式でIPv6のWebサイトなどの閲覧において、快適にインターネットを利用できる接続方式となります。

新しい接続方式なので回線が混雑する事が少なく、快適にインターネットをしやすいです。

ただし、表示するウェブサイトがIPv4方式の場合はPPPoE方式となるため全ての通信が快適になることではありません

 

v6プラス(IPoE IPv4 over IPv6通信)

画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/ipv6/

 

IPoE方式の新方式によりIPv6に加えIPv4のWebサイトなどの閲覧においても、快適にインターネットをご利用いただける接続方式です。

これは従来のPPPoE方式を利用しないので全ての通信が高速になります。

どのサイトを開いても動画を見ても常に快適なインターネットを利用できるサービスです

ドコモマニア
ドコモ光ではv6プラスを選べるプロバイダに限りがありますよ。

 

v6プラス対応プロバイダはどこ?

v6プラス対応プロバイダ一覧

 

ドコモ光で通信速度を快適にするにはv6プラスを利用することです。

v6プラスは利用できるプロバイダと利用できないプロバイダがあります。

多くのプロバイダではIPv6通信を利用できますが、「PPPoE」接続と「IPoE」接続のみしかできないところもあります。

 

v6プラス対応プロバイダ

ドコモ光は24種類のプロバイダから選ぶ事ができます。

その中でもv6プラスを利用できるプロバイダは以下の5つです。

 

他のプロバイダにしようと思っていたのですが、v6プラスは利用できないのですね。
主婦
ドコモマニア
v6プラスのようなIPoE IPv4 over IPv6のサービスを行なっているプロバイダはありますよ。

 

v6プラスと同じようなサービスをしているプロパイダ

ドコモ光ではv6プラスのようなIPoE IPv4 over IPv6接続の通信サービスを提供しているプロバイダがあります。

これはプロバイダ独自でIPoE IPv4 over IPv6サービスを行なっているものです。

 

以上のプロバイダではプロバイダ独自のサービスになりますので名称が異なります。

v6プラスは日本ネットエアークネイブラー株式会社のサービスを利用するのでプロバイダに依存されませんが、こちらは通信がプロバイダに依存されるものとなります。

ドコモマニア
通信がプロバイダに混雑すると速度が遅くなるデメリットがあるので、v6プラスより遅くなる可能性があると思ってください。

 

v6プラスにはWi-Fiルーターが必要

v6プラスはWi-Fiルーターが必須

 

v6プラスを利用するには対応しているプロバイダに申し込めばいいだけではありません。

対応しているWi-Fiルーターが必要です。

つまり、ONUから直接LANケーブルでパソコンに繋げると利用できないという事です。

プロバイダによってはWi-Fiルーターを無料でレンタルしてくれるところがあります

Wi-Fiルーターは購入すると1万円以上するので、レンタルした方がお得です。

 

Wi-Fiルーターを無料レンタルしているプロバイダ

v6プラスをよりお得に利用するにはWi-Fiルーターを無料でレンタルする事です。

全てのプロバイダでこのようなサービスがあるわけではなく、ごく一部のプロバイダです。

 

v6プラス+対応Wi-Fiルーター無料レンタル可能なプロバイダ

 

ドコモマニア
BIGLOBEとOCNは厳密にはv6プラスではありませんがv6プラスのようなサービスでWi-Fiルーターの無料レンタルも行なっているので一覧に入れました。

 

プロバイダのサービスの比較

以上のプロバイダは結果的におすすめプロバイダとなります。

もちろんプロバイダによってサービス内容に違いがありますので比較してみましょう。

プロバイダタイプAルーター無料レンタルセキュリティソフト無料訪問サポート無料リモートサポートメールアドレスの数キャッシュバック
 GMOとくとくBB12ヶ月無料初回無料1515,000円
@nifty12ヶ月無料初回無料初回無料515,000円
ic-net契約期間中無料2回無料36ヶ月以内15
BIGLOBE12ヶ月無料初回無料5
OCN12ヶ月無料初回無料115,000円

 

タイプAはタイプBより月額料金が200円安いです。

注目してしまうのはキャッシュバックキャンペーンではないでしょうか?

独自キャッシュバックキャンペーンはプロバイダからドコモ光を申し込んだ場合に受け取れるもので、プロバイダの変更ではもらえません。

セキュリテイソフトの種類も異なりますのでそれぞれのプロバイダを比較してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ドコモ光では3種類のIPv6接続サービスがありますが、その中でどの通信でも快適になるのが「IPoE IPv4 over IPv6」です。

IPoE IPv4 over IPv6はv6プラスのことでもありますが、プロバイダが独自で行なっているものは別の名称になっています。

v6プラスは日本ネットエアークネイブラー株式会社のサービスを利用するのでプロバイダに依存しないので、混雑する事が少ないです。

 

また、v6プラスを利用するには対応しているWi-Fiルーターを用意する必要があります。

v6プラスのサービスを提供しているプロバイダはWi-Fiルーターの無料レンタルを行なっているところもありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

ドコモマニア
v6プラスに対応してプロバイダに変更するとインターネットが快適になりますよ。

-よくある質問

Copyright© ドコモ光の解体新書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.