よくある質問

ドコモ光のマンションはVDSL配線でもIPv6接続で速くなる

更新日:

VDSL回線でもIPv6なら速い

 

ドコモ光をマンションで利用していて、通信速度が遅いと感じていませんか?

ドコモ光では通信速度が最大1Gbpsなのに、実際に利用してみるとその10分の1もないことがあります

 

それはマンションの配線方式がVDSLだからです。

うちのマンションVDSLだから遅くて困ってます。速くすることはできないですか?
主婦
ドコモマニア
IPv6通信なら速くなりますよ!

実際私もマンションでVDSL配線のドコモ光を使用していますから是非ご参考にしてみてください。

 

解決策としてドコモ光のマンションタイプでVDSL配線でも速くする方法はIPv6通信を利用することです。

しかし、24種類あるプロバイダ全てが利用できるわけではありません

この記事ではドコモ光のマンションタイプでVDSL方式についてと速くなるIPv6について解説します。

 

ドコモ光はVDSLだと基本的には遅い

VDSL配線は遅い

 

ドコモ光をマンションで利用していて速度が遅いと感じている人は多くいます。

私もその一人で、どうして遅いのか最初はわかりませんでした。

ドコモ光は最大1Gbpsなのに、速度測定したらなんと20Mbps

ドコモマニア
夜の7時~11時くらいは10mbpsを下回ることも当たり前でしたからね。

これって遅すぎではないのかと思いますよね?

その理由が住んでいるマンションがVDSL配線のマンションだったことが理由でした。

参考

補足ですが、速度が20mbps以下だとyoutubeの通信も途切れます。

検証した結果は60分以上の動画だと途中通信が途切れて「ビィー」という音がしてフリーズすることが多かったですし、同時にネット閲覧をしながらだとその頻度は多いです。

 

VDSLが遅いと感じている人の声

実際にVDSL配線のマンションに住んでいて速度が遅いと感じている人は多いです。

その口コミを紹介しますね。

 

VDSLってこんなもんなの?

 

VDSLめちゃんこ遅い

 

VDSLで頭を抱えてる

 

このようにVDSL配線で速度が遅い事に嫌気をさしている人が多いです。

そもそもなんで遅いのですか?
主婦
ドコモマニア
VDSLは100Mbpsの上限があるからなんですよ。

 

VDSLは100Mbpsの限界があるから遅い

VDSL配線方式ではドコモ光だけでなく、他のインターネット光回線でも共通して遅くなります。

これはVDSL配線の通信速度の限界値が100Mbpsと決まっているからです。

100Mbpsが限界って嫌ですね・・・
主婦
ドコモマニア
VDSL配線はインターネットをするための配線ではないからですよ。

 

VDSL配線方式というものはそもそもインターネット用の配線ではありません。

電話用の回線でアナログの配線で、これを無理やりインターネットに利用しています

 

引用元:https://flets.com/first/kouji/const_apartment_vdsl.html

アナログのためマンションの他の部屋がインターネットを利用すると混雑して遅くなりますし、ノイズにより速度が低下することがあります。

 

はてな

上記の図のように電柱からマンション内の棟内共用スペースまでは光ファイバーケーブル(光回線)が接続されています。そこから「集合型回線終端装置」を介して各部屋に電話回線用ケーブルで繋がれます。そのためカンタンに言うとネット回線の速度が分散し安定感が減少されてしまいます。

一軒家のように直接光回線が電柱から届き、1本のLANケーブルからパソコンへ繋がる仕組みと比べると劣ってしまう理由になります。

ドコモマニア
VDSLでも速くするにはIPv6通信を利用すると良いですよ!

 

ドコモ光のVDSLはIPoE IPv4 over IPv6で速くなる

v6プラスなら速くなる

 

お住いのマンションがVDSL配線で遅くなることが確定してしまって落胆しておりませんか?

VDSL配線であることは仕方ないのですが、通信速度を速くすることができます。

その方法がIPv6通信を利用することです。

ただし、どうしても100Mbpsの上限はあります

ドコモマニア
体感的には60Mbps以上であまり差は感じませんよ。

 

ドコモ光のVDSL配線はIPv4で遅かった体験談

私自身が住んでいるマンションはVDSL配線方式のマンションです。

プロバイダはBIGLOBEでIPv4の通信でインターネットをしていました。

日中は速度に不満がなく問題ないのですが、やはり夜になると速度が遅くなります

 

夕方から夜にかけてはゴールデンタイムとも呼ばれて多くの人がインターネットを利用する時間帯です。

そのため、どうしても回線が混雑してしまって速度が低下してしまいます。

1番利用したい時間帯に使えなくなるのはホントイヤ
主婦

YouTubeはさすがGoogleという感じで問題なく見れたことがありましたが、高画質では止まることがありました。

 

YouTube以外の動画配信サービスでは頻繁に動画が止まってしまってストレスを感じるほどです。

これはよくないと思ってプロバイダを変更してv6プラスを利用するようになりました。

 

ドコモ光のVDSLでv6プラス(IPoE IPv4 over IPv6)にしたら速くなった体験談

プロバイダをGMOとくとくBBに変更してv6プラスを利用するようになりました。

IPv6通信は新方式(IPoE方式)によりIPv6のWebサイトなどの閲覧において、快適にインターネットをご利用いただける接続方式となることです。

つまりこれはIPv6対応したサイトでしか速くなりません。

 

v6プラスはIPoE IPv4 over IPv6通信のことで、IPV4だでなくIPv6通信が利用でき、どの通信でも快適にインターネットを利用できる接続方式です。

v6プラスにしたことで今まで感じてたストレスが消えて、快適にインターネットを利用しています。

 

ちなみにですが引越しをしたわけではなく、今でもVDSL配線のマンションです。

ただ、v6プラスに変えたことでインターネットが快適になりました

ドコモマニア
実際にどれくらい速くなるのかGMOとくとくBB24時間測定して比較しましたがかなり速くなりましたよ!

 

ドコモ光v6プラス(IPoE IPv4 over IPv6)プロバイダ

通信方式で速度が変わる

 

ドコモ光はv6プラス(IPoE IPv4 over IPv6)にすることでVDSL配線でも快適なインターネットが楽しめます。

しかしこれはドコモ光の24種類のプロバイダの全てで利用できるわけではありません

対応しているプロバイダにする必要があります。

また、Wi-Fiルーターもv6プラスに対応していないと利用できません。

 

v6プラス対応プロバイダ

V6プラスに対応したプロバイダを利用するだけではv6プラスを利用することができません

対応したWi-Fiルーターが必要です。

 

ドコモマニア
F1ドライバーで例えると非常に優れた速い運転技術を持っていても、乗っている車が馬力がない軽自動車であれば力を発揮できないという意味です。

そのため、v6プラスが利用できてv6プラスにタイプしたWi-Fiルーターを無料でレンタルできるプロバイダを紹介します。

 

v6プラス+対応Wi-Fiルーター無料レンタル可能なプロバイダ

BIGLOBEとOCNは正確にはv6プラスではなく、同じようなサービスを提供しています。

  • BIGLOBE:IPv6オプション
  • OCN:v6アルファ

名前が異なるだけで内容はv6プラスとほぼ同じサービスです。

 

v6プラス対応プロバイダ比較

ドコモ光のプロバイダはv6プラスが利用でき、対応したWi-Fiルーターの無料レンタルできるところがおすすめです。

しかしプロバイダによってサービスに違いありますので比較をしてみましょう。

プロバイダタイプAルーター無料レンタルセキュリティソフト無料訪問サポート無料リモートサポートメールアドレスの数キャッシュバック
 GMOとくとくBB12ヶ月無料初回無料1515,000円
@nifty12ヶ月無料初回無料初回無料515,000円
ic-net契約期間中無料2回無料36ヶ月以内15
BIGLOBE12ヶ月無料初回無料5
OCN12ヶ月無料初回無料115,000円

 

タイプAはタイプBより月額料金が200円安いです。

独自キャッシュバックキャンペーンはプロバイダからドコモ光を申し込んだ場合に受け取れるもので、プロバイダの変更ではもらえません。

 

セキュリテイソフトの種類も異なりますのでそれぞれのプロバイダを比較してみてはいかがでしょうか。

ドコモマニア
もし既にドコモ光を利用している人には「ドコモ光のプロバイダを電話して変更してみた」の記事も参考になると思います。

 

まとめ

ドコモ光のマンションタイプはVDSL配線では通信速度が100Mbpsの上限がありますので遅くなります。

これはアナログ回線なので仕方ないことなので諦めるしかありません

 

ただし、マンションタイプのVDSK配線方式でもv6プラス(IPoE IPv4 over IPv6)にすれば速度が速くなります。

どうしても100Mbpsの壁がありますがIPv4通信でイライラしたことも改善されて快適にインターネットを楽しまめます。

ドコモ光をマンションで利用する方はv6プラス(IPoE IPv4 over IPv6)対応のプロバイダを選んでみてはいかがでしょうか。

-よくある質問

Copyright© ドコモ光の解体新書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.