よくある質問

ドコモ光をマンションVDSLで使用した場合は速度気にしたらプロバイダどこが良い?

更新日:

 

ドコモ光をマンションで利用する場合には配線方式によって速度が違います。

・光配線方式

・VDSL方式

・LAN配線方式

以上の三つがあります。

この中でもVDSL方式は通信速度が最も遅いです。

VDSL配線方式の場合にドコモ光の通信速度が遅くなる事は仕方ない事なんです

 

しかし、それでも通信速度を速くしたいって思いますよね?

通信速度が遅いとダウンロードが遅かったり、インターネットにつながりにくいなどデメリットしかありません。

通信速度を速くしたいと思うあなたのためにおすすめなプロバイダを紹介します。

 

マンションのVDSLでプロバイダはGMOとくとくBBが良い

 

ドコモ光をマンションのVDSLで利用する時に通信速度が気になる場合、プロバイダをどこにすれば良いのでしょうか。

その答えはGMOとくとくBBです。

その理由について解説します。

 

ドコモ光のプロバイダは26種類から選べる

ドコモ光のプロバイダは26種類あり、タイプAとタイプBと別れています。

タイプAとタイプBの違いは料金のみです。

料金が少し高くなるタイプBの方が良いプロバイダということではありません。

ドコモマニア
タイプAとタイプBの違いは単純にドコモ光とプロバイダの関係だと思います。

 

タイプA

・ドコモnet
・ぷらら
・So-net
GMOとくとくBB
・DTI
・タイガースドットコム
・ビッグローブ
・BBエキサイト
・アンドライン
・ic-net
・@nifty
・エディオンネット
・シナプス
・TiKiTiKi、
・楽天
・hi-ho
・ヒカリコアラ
・@ネスク
・スピーディアインターネットサービス

 

タイプB

・@Tcom
・OCN
・TNC
・アサヒネット
・ワクワク
・@ちゃんぷるネット

 

ご覧の通りGMOとくとくBBはタイプAです。

それではなぜGMOとくとくBBが良いのでしょうか。

 

GMOとくとくBBが良い理由

VDSL方式のマンションで、インターネットの通信速度にこだわりたい人はGMOとくとくBBがおすすめです。

その理由は通信方式v6プラスを利用できるからです。

速度にを気にするのであれば、v6プラスにしないと遅くなります。

GMOとくとくBBはv6プラスを利用できて、v6プラスに対応した高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできます

 

ドコモ光マンションのVDSLでの速度は遅い

 

ドコモ光を利用するのにVDSL配線では速度が速くなるv6プラスにする理由を話す前に、現状について解説します。

つまり、GMOとくとくBBにしなかった場合やv6プラスにしないとこうなりますよという注意です

ドコモ光のVDSLが遅い理由の解説と評判を紹介します。

 

VDSLの速度は限界がある

ドコモ光の通信速度は下り最大1Gbpsです。

しかし、残念ながらVDSLではこの速度は出ません。

VDSL配線での最大は100Mbpsです

ドコモマニア
1Gbpsが1000Mbpsなので10分の1ですね。

 

マンションのVDSL配線で100Mbpsになるのはドコモ光だけではなく、どの光回線にしても共通です。

ドコモマニア
マンションのVDSL配線ではどうしても100Mbpsの壁があります。

 

この通信速度はベストエフォート型と言われているもので、いわゆる理論値です。

実測値はこれよりも下がります。

つまり、通信速度が速いというのは理論値に近いという事です。

v6プラスではない従来の通信方式の場合はこの理論値からかなり遅い速度になってしまいます

 

VDSLはインターネットのための配線ではない

VDSLに通信速度が100Mbpsの壁がある理由は、そもそもVDSL配線はインターネットを利用するための配線ではない事です。

マンションは光ファーバーが繋がる集合装置があり、そこから各部屋にVDSL配線でインターネットが繋がっています。

このVDSL配線は電話線のためのもので、アナログ配線です。

アナログ配線なのでノイズに弱いので通信速度が遅くなるという事もありますが、電話線を無理やりインターネットに利用しているので速度が光配線方式よりも遅い100Mbpsになってしまいます。

 

マンション利用者の評判

このようにVDSL配線ではv6プラスではないと通信速度が遅いです。

どうしてここまで遅くなるのですか?
主婦
ドコモマニア
それは利用者が多すぎて回線が混み合ってしまうからですよ。

 

ドコモ光のVDSL配線はv6プラスで快適に!

 

ドコモ光にかかわらず、VDSL配線方式では通信速度が遅くなります。

しかし、v6プラスにすれば通信速度が遅くなるというストレスが無くなります。

それではv6プラスについての解説と、v6プラス利用者の声を紹介します。

 

v6プラスとは

v6プラスは簡単に説明しますと快適なインターネットが行える通信方式です。

VDSLでは通信速度が遅くなるのでv6プラスを利用した方がいいです

従来の通信方式はIPv4で、利用者がかなり多くなってしまったので回線が混み合って通信速度が遅くなってしまいます。

ドコモマニア
高速道路が渋滞するイメージですね。

 

v6プラスは新しい通信方式なので回線が混雑する事が少ないです。

そのため通信速度が速くなります。

ドコモマニア
速くなるといより、遅くなりにくいと言う方が正しいかもしれません。

 

VDSLでv6プラス利用者の声

このようにVDSL方式でv6プラスにした場合は速度が速く快適になったと言う声ばかりでした。

光配線方式と比較して遅くなるのは仕方ない事なのであきらめましょう

しかしながら体感的には30Mbpsもあれば十分快適です

なので、この速度でも十分どころか快適にインターネットを楽しめます。

 

まとめ

ドコモ光をVDSL配線のマンションで利用する場合のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBは通信方式v6プラスを利用できます

また、GMOとくとくBBではv6プラスに対応した高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできますので、開通から快適にインターネットを楽しめます。

口コミを見てもVDSLは通信速度が遅いと言う声ばかりで、v6プラス利用者は快適にンターネットを利用できています。

 

ドコモマニア
ドコモ光を申し込むにはGMOとくとくBBがベストです。VDSLもv6プラスで快適になりますし対応した高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできますよ。

 

-よくある質問

Copyright© ドコモ光の解体新書|電話してプロバイダを変更した全手順解説【図解】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.